混ぜるな危険。

『聖なる教は一つの学である』

―「神学大全」より。

 

 

1200年代中盤に活動していたトマス・アクィナスさんはスコラ哲学の分野で信仰の論証をしようとしました。

スコラ哲学といえば、「哲学は神学のはしため」という言葉にもあるとおり、哲学が神学を志すにあたって価値のあるものだという考え方を基軸にしています。

 

で、冒頭の一文。

と、いきたいところですが、前回私が哲学の話を放棄しただけでなく、今回アリストテレスの話をぶっ飛ばして1000年以上時を進めてしまったことについて、文句のあるハードコアな読者の方がいましたら、是非とも声をあげていただきたいものです。

 

 

さて、とにかくアクィナスさんはキリスト教を定着させたいがために、信仰をとおして、哲学のなんたるかを教えて回っていたわけです。

そんなアクィナスさんはキリスト教の大前提として「神様はいますよ」ということを様々な著書で一生懸命示しています。いわゆる、神の存在証明です。

この証明にあたって、アクィナスさんはアリストテレスさんの「不動の動者」という考え方を採用しています。

(アリストテレスきたー!)

不動の動者とは、すべての物事にはかならずその原因があって、原因をずっとたどっていったら神様にたどり着くじゃん?

というなかなか無理筋のぶっ飛んだ理論です。

(アリストテレスさんの話難しすぎ)

 

とはいえ、アクィナスさんはこうして、哲学を用いて宗教の教義を統一し、人々に定着させようと尽力しました。

 

大事なことは、これまで紹介した古代ギリシアのよく生きる哲学が、時を経て中世の時代には神学、というか宗教の概念のなかに飲み込まれてしまった、ということです。こうして、哲学がどんどん一般人からかけ離れていくわけですよ。あまり宗教に傾くと私も取り扱いづらいです。

 

 

中世の哲学は次第に「王権神授説」とかいう読んだだけでぶっ飛んでることがわかる方向に進み、そこから学生時代にも確かに学んだ「社会契約説」へと発展していきます。

 

 

ではまた。

【参考:読まずに死ねない哲学名著50】


混ぜるな危険。 はコメントを受け付けていません。

国民の祝日

2017年はお休みが少ない・日並びが悪いと言われています。
それは、誠か・・!?
今日は国民の祝日に関する法律を学んでみましょ~。

「国民の祝日に関する法律」に定められた国民の祝日は16日あります。

 

 

====================================

第3条 振替休日・国民の休日について
①「国民の祝日」は、休日とする。
②「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、

その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。
③その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

====================================

③について
「敬老の日」は「9月の第3月曜日」であるため9月15日から21日の間で移動します。

「秋分の日」は「秋分日」が9月22日か23日のいずれかで移動します。
例えば、9月21日が敬老の日で9月23日が秋分の日になる場合、③の恩恵により9月22日もお休みになるのです。

 

そうそう。春分の日とか秋分の日って国立天文台が翌年の春分日・秋分日を官報で公表して決まるのです。

おぅふ。フリーダム・・・
春分の日:3月20日か21日
秋分の日:9月22日か23日

+++++++++++++++++++++++++++++++
ということで、土曜に休日が重なってしまうと
振替休日もなく、休日リカバリーがないわけですね。
今年は建国記念の日・昭和の日・秋分の日・天皇誕生日の4日間が土曜日で、これがなにやら損した気分にさせているのです。

 
さて、実際の追加休日ですが
2016年の追加休日は16日
2017年の追加休日は12日
2018年の追加休日は13日
で、確かに昨年に比べて減少してます。
ただ、2013年は13日、2014・2015年は14日だったのです。
あれ?そんなに変わらなくね?

むしろ、2016年が祝日ハッピーイヤーだったのでした・・

 

いやぁ。とても文字の多い真面目なブログでした。


国民の祝日 はコメントを受け付けていません。

確定申告って?

2月16日~3月15日まで土日除けば正味20日間!

会計事務所だけでなく税務署もこの時期のため挙署体制で臨みそして臨時のレイアウトをつくり大変。

渋谷税務署管内は、この時期だけ渋谷・世田谷・目黒・北沢・玉川税務署5署同時の会場(ベルサール渋谷ファースト)ととてつもない広いビッグ会場に多額の費用をかけて行います。もちろん他の税務署においても共同の作成会場を臨時に設けています。

所得税の税収って源泉所得税を除けば約3兆円(税収の5%)です。

日本の人口1億2,600万人の中の2,100万人(約17%)が申告でしかもその半分が還付申告。

国の費用対効果からいったら割りに合わないにも係わらず、納税意識の高揚にはかかせないものです。

この時期、主要な駅前等に確定申告のポスターが掲示されます。

確定申告が日本では、明治22年に導入し約100年経過。税収も殆ど伸びないもののイメージ的には確定申告が国民の意識が強いものでこの時期とばかりに国税庁は毎年同じことを繰り返しせざるえない状況にあります。

一方、税法は摩訶不思議で年々複雑怪奇になるばかりです。

 

話は変わりますが、日本の人口も30年後は、1億を割って9,900人(団塊の世代が一斉にこの世から退場)に。

生産人口の縮小で税収も減る時代が確実にくることを現実に受け止めなければなりません。

それにしても確定申告というのはインパクトのある名称です。

ブログ

 

 

 

 

 


確定申告って? はコメントを受け付けていません。

君の名はアナと雪の女王。

ありのーままのー。

 

 

はい。

 

 

繁忙期です、いわゆる。

最近は、哲学にふけっていましたが、実際のところ哲学にかぶれている暇はありません。

繁忙期です、いわゆる。

 

 

待て待て、ブログはいいのか?と思ったそこのアナタ!

ん?そこにいますか!?

大丈夫、ブログは別バラです!!

いや待って、本当にそこにいますか!?

そこにいるならお願いします、ほら、なんか、「読んでるよー」って。

もう書く気力が湧いてきません!(笑)

笑い事じゃありません!(笑)

本当にもう、誰が読んでるっていうんですかね。。。

 

 

君の名はーっ!!

 

 

はい、少し取り乱しましたね、ごめんなさい。

 

 

さて、このブログがいつあがるのかはともかく、私は日曜が月曜に変わった午前2時のテンションでお送りしています。

早く寝ないと!

 

 

そんな日曜の夕食はスパゲ(ry

パスタでした。

今日は哲学とかやりません、日常のブログです。

 

で、パスタの話。

ボロネーゼってやつがあるんですよね。クリームソースみたいなわかりやすい名前ではないやつです。そう、ボロネーゼ。

 

ナニモノ?ボロネーゼ。

 

で、店員さんに聞きました。ボロネーゼってなんですか?って。

『挽き肉とトマトを煮込んだソースです』って!さすが店員さん!

 

え?待って待って!こっちにあるミートソースは?

『挽き肉とトマトを煮込んだソースです』って!!おんなじかよっ!!

 

ボロネーゼとミートソースは何が違うんですか?

『いやぁ、ちょっとわかりかねますぅー』

じゃないよ!なんだよ「ますぅー」って!!

 

ん?じゃあ、この牛肉のラグーソースってやつは?

『それもぉ、牛肉とトマトを煮込んだソースですねぇ、おかしいですねぇ』

おかしくないよ!笑えないよーっ!!

全部おんなじじゃんかよーっ!!!

 

 

ボロネーゼはミートソースでラグーソースですが、ミートソースもボロネーゼでラグーソースです。

みたいなっ!アガガガ…。

 

 

君の名はーっ!

 

 

はい。

きれいにまとまりましたね。

おやすみなさい。

 

 

ではまた。


君の名はアナと雪の女王。 はコメントを受け付けていません。

梅の香り~春がそこまで~

20代の後半に詩吟との出会いがあり、“梅見の会”に誘われたことが今でも鮮明に覚えています。梅を見ながら・・・・季節を感じる。

梅といえばとかく桜と比較されますが、正反対の特徴があります。まず観賞法が大きく異なる。梅は、一本一本、一輪一輪に近づき、匂いを楽しみながら花を愛でる。花だけではなく幹や枝も興味がつきない。対して桜は、個々の木や花ではなく満開の「花の雲」を眺めるのが醍醐味である。桜の花期は、梅よりずっと短く、散り際の潔さは「花は桜木 人は武士」とたたえられています。

さて、自宅の近くに香梅園があります。もとをたどると江戸末期、墨田区の香取神社の近くに「小村井梅屋敷」という梅園があり安藤広重の「絵本江戸土産」に大勢の人が梅見を楽しむ様子が描かれています。

当時、歴代将軍も訪れ、将軍が愛でた「御成り梅」と称された木もあった。それが、明治43年(1910年)の大洪水で、甚大な被害で廃園となりそれから長い月日過ぎて平成6年に念願が叶い「香梅園」と名づけて開園しました。

梅の木は、高さが抑えられているのが特徴です。2月19日(日)は、梅まつりで琴、尺八の演奏に抹茶の接待もありました。「桜は、見上げて観賞してもいいが、梅は間近で観賞するもの。香りもいっしょに楽しむためで、人間の目線、つまり“目通り”が一番いいそうです」と宮司さんはいっています。

梅の種類も85種もあり、空を背景にその色彩や香りの変化を楽しむのが最高の梅見でしょうか。ただ、枝垂れ梅だけは、高いほうがよい。花が目線まで垂れてくる。これを軸に梅の種類のバランス、開花時期を考慮して梅ファンが興味津津でやって来るが、珍種も含めて多さに驚き、感激するという。

日本に古くから自生した桜と違って梅は、古墳時代に薬木として中国から渡来し、万葉時代の花といえば梅だった。平安時代になっても人気は、変わらず、京都御所の紫宸殿前の庭に「左近の桜、右近の橘」も当初「左近の梅」だったという。梅と桜は、陰陽一対のもので日本人は、昔からこの2種の木の風姿に接することで人格を陶治してきたのではないでしょうか。

20170220-1

 

 

 

20170220-2
 

 

 

20170220-3


梅の香り~春がそこまで~ はコメントを受け付けていません。

住宅ローン金利0% ?

新聞に住宅ローンの広告が掲載されていました。

驚きです。

最近、貸出金利1%を大きく下回るようなキャンペーンを目にしますが、何と金利0%!

当初返済2ヶ月分の金利相当額をキャッシュバックします!というものでした。

ここまで銀行の貸出競争が激しくなったのかと。

恐るべきマイナス金利政策です。

某国大統領の 呟き が毎日気になる今日この頃ですが、住宅ローンの借り換えは低金利で早めにフィックスするほうが安心かもしれませんね。

私見です。


住宅ローン金利0% ? はコメントを受け付けていません。

春も立ちます。

『ある日、羊飼いのギュゲスは、羊たちに草を食わせているとき、黄金の指輪を見つけた。

指輪を身につけて、玉受けを回したところ、自分の姿が透明になることがわかった。

そこでギュゲスは、その指輪を使って国王を殺し、王権を手に入れた』

―「国家」より。

 

 

ソクラテスさんの弟子のプラトンさんは、本当にたくさんの著作があって、いろいろなお話が残されています。まぁ、良し悪しやら善悪やらと「よく」生きることを追求する過程で、やはり「正義」という概念は欠かずことができません。

 

で、冒頭の一文。

これはプラトンさんが書いた『国家』の本文中で語られたエピソードトークです。ギュゲスなんていかにも悪そうな名前ですけどね。なかなか血なまぐさい感じです。ロードオブザリングに似てますね。

 

本文は以下のように続きます。

 

この状況で、最大の不正よりも正義選ぶ人、いる?正義選べる根拠、ある?

人にばれないように偽善者ぶってこっそり手に入れちゃえばさ、それだけで将来安泰でしょ?

 

たぶん、こんな感じです。もちろん、原文の通りではありません。これは原文のほうが伝わるかもしれません。ちょっと咀嚼しすぎました。日本語ではありませんが。

何が言いたいかといえば、誰にもバレないなら悪いことしちゃうよね、ということです。プラトンさんはこの話をとおして教育の重要性を訴えはじめます。良し悪しを判断させるよりも、自然に善を選ぶ方向に導くことが重要なのだ、というスタンスです。

 

バレなきゃ悪いことしちゃうような人を教育でなんとかしようなんて、若干弱すぎやしないかなぁ、と思わないではありませんが。でも、こういうことをあーでもないこーでもないと一生懸命考えたのはソクラテスさんやプラトンさんがはじめてだったわけですから、なんだかスゴいですよね。しかも紀元前。いわゆる例の神様もいないような時代です。

とはいえ、不正はダメです。正々堂々と正面から。はい、確定申告はおはやめに(笑)

 

 

で、この研究はプラトンさんの弟子、アリストテレスさんに引き継がれます。

とはいえ、アリストテレスさんはどちらかというと、プラトンさんはあんなこと言ってたけど俺は違うと思うなー、というスタンスです。

 

 

ではまた。

【参考:読まずに死ねない哲学名著50】


春も立ちます。 はコメントを受け付けていません。

あらやだ。こわい。

先日お家に次の請求書が届きました。

 

請求書

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、wifiの請求が4,447円ね・・・

請求書2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わっつ??

これは、わっつ??

5百万がなんだかんだで5千弱におさまったっていう・・・

わっつ???

どんな値引きよ~。もう、7桁の請求書とか怖いんですけど~。

心臓に悪いので、本格的にやめて頂きたい・・・

 


あらやだ。こわい。 はコメントを受け付けていません。

2017年 スカイツリーから見た大都会 東京

新しい年を迎えてスカイツリーから東京を見ることができました。

世界一高いタワー 東京スカイツリー(634m)の天望回廊(450m)から晴天で寒気により眼下の東京そして関東平野が見渡すかぎり一望見えました。感動!

今年は、「酉」が「取り込む」に繋がることから、運気を取り込み商売繁盛の1年になると言われています。十二支は、中国春秋時代の陰陽五行思想よりも古い起源で、酉は十二支で10番目。犬猿の仲である猿の9と犬の11の間に仲裁にはいったので10番目というお話もあります。酉年生まれの人は、几帳面で親切で世話好きであり、頭の回転が速く知的だそうです。

 

さて、世の中の出来事ですが、昨年はイギリスのまさかのEU離脱やアメリカ大統領選挙で大方の予想に反してトランプ氏が勝利というまさにビックリポンでした。今年はどんな年になるのでしょうか・・・・・・・。

スカイツリーから見た大都会 東京 そして富士山を見て日本はいいなぁと思うひとときでした。

20170117ブログ


2017年 スカイツリーから見た大都会 東京 はコメントを受け付けていません。

「よく」生きることについて。

 

『魂ができるだけ優れたものになるよう、ずいぶん気を遣うべきである』

―「ソクラテスの弁明」より。

 

さて、今年もブログを書きます。

めでたいかどうかはこちらからは判断がつきませんので、今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

ソクラテスさんは紀元前400年くらいに活動していた人です。

彼自信は何かを書き残したりはしていないみたいですが、弟子のプラトンさんがお師匠さんや、その他色々な人と対話をした記録をしっかりと書き残してくれています。

 

 

で、冒頭の一文。

「無知の知」といえば、私みたいな浅学非才な人間でも知っています。

自分が本質的なことを何も知らない、ということを知っている。

というような感じです。

ソクラテスさんは言いました。

 

あなたたちは金や名誉、権力のために自分が何でもわかっているような口ぶりで言うけども、私はね、自分が本質的なことを何もわかってないってこと、知っているよ?本当に大事なことは、魂ができるだけ優れたものになるように、人生に気を遣って生きることだよ。

 

たぶん、こんな感じです。もちろん、原文の通りではありません。原文だったらもっと伝わりません。日本語じゃありませんから。

いや本当、これだから哲学者はアレです。前にニーチェさんの話もしましたが、本当にアレですよ。

言ってることはわかりました。

よく生きよう。そうです、間違いない。

いやいや!だから!!それができないから、みんな間違えたり苦しんだりしているのじゃないのかしら。

でも、そうですね。ソクラテスさんも気を遣うべきだ、と言ってるわけですから、それが難儀だということはわかっているのだと思います。しかも「ずいぶん」と。

 

 

うーん、どうも納まりが悪いような気もしますが、言ってることはやんわりわかったのでオーケー。

とにかく、みなさんも今年一年「よく」過ごせるよう、是非とも「ずいぶんと気を遣って」がんばりましょう。

 

 

 

ではまた。

【参考:読まずに死ねない哲学名著50】


「よく」生きることについて。 はコメントを受け付けていません。

WP Login