梅の香り~春がそこまで~

20代の後半に詩吟との出会いがあり、“梅見の会”に誘われたことが今でも鮮明に覚えています。梅を見ながら・・・・季節を感じる。

梅といえばとかく桜と比較されますが、正反対の特徴があります。まず観賞法が大きく異なる。梅は、一本一本、一輪一輪に近づき、匂いを楽しみながら花を愛でる。花だけではなく幹や枝も興味がつきない。対して桜は、個々の木や花ではなく満開の「花の雲」を眺めるのが醍醐味である。桜の花期は、梅よりずっと短く、散り際の潔さは「花は桜木 人は武士」とたたえられています。

さて、自宅の近くに香梅園があります。もとをたどると江戸末期、墨田区の香取神社の近くに「小村井梅屋敷」という梅園があり安藤広重の「絵本江戸土産」に大勢の人が梅見を楽しむ様子が描かれています。

当時、歴代将軍も訪れ、将軍が愛でた「御成り梅」と称された木もあった。それが、明治43年(1910年)の大洪水で、甚大な被害で廃園となりそれから長い月日過ぎて平成6年に念願が叶い「香梅園」と名づけて開園しました。

梅の木は、高さが抑えられているのが特徴です。2月19日(日)は、梅まつりで琴、尺八の演奏に抹茶の接待もありました。「桜は、見上げて観賞してもいいが、梅は間近で観賞するもの。香りもいっしょに楽しむためで、人間の目線、つまり“目通り”が一番いいそうです」と宮司さんはいっています。

梅の種類も85種もあり、空を背景にその色彩や香りの変化を楽しむのが最高の梅見でしょうか。ただ、枝垂れ梅だけは、高いほうがよい。花が目線まで垂れてくる。これを軸に梅の種類のバランス、開花時期を考慮して梅ファンが興味津津でやって来るが、珍種も含めて多さに驚き、感激するという。

日本に古くから自生した桜と違って梅は、古墳時代に薬木として中国から渡来し、万葉時代の花といえば梅だった。平安時代になっても人気は、変わらず、京都御所の紫宸殿前の庭に「左近の桜、右近の橘」も当初「左近の梅」だったという。梅と桜は、陰陽一対のもので日本人は、昔からこの2種の木の風姿に接することで人格を陶治してきたのではないでしょうか。

20170220-1

 

 

 

20170220-2
 

 

 

20170220-3


梅の香り~春がそこまで~ はコメントを受け付けていません。

住宅ローン金利0% ?

新聞に住宅ローンの広告が掲載されていました。

驚きです。

最近、貸出金利1%を大きく下回るようなキャンペーンを目にしますが、何と金利0%!

当初返済2ヶ月分の金利相当額をキャッシュバックします!というものでした。

ここまで銀行の貸出競争が激しくなったのかと。

恐るべきマイナス金利政策です。

某国大統領の 呟き が毎日気になる今日この頃ですが、住宅ローンの借り換えは低金利で早めにフィックスするほうが安心かもしれませんね。

私見です。


住宅ローン金利0% ? はコメントを受け付けていません。

春も立ちます。

『ある日、羊飼いのギュゲスは、羊たちに草を食わせているとき、黄金の指輪を見つけた。

指輪を身につけて、玉受けを回したところ、自分の姿が透明になることがわかった。

そこでギュゲスは、その指輪を使って国王を殺し、王権を手に入れた』

―「国家」より。

 

 

ソクラテスさんの弟子のプラトンさんは、本当にたくさんの著作があって、いろいろなお話が残されています。まぁ、良し悪しやら善悪やらと「よく」生きることを追求する過程で、やはり「正義」という概念は欠かずことができません。

 

で、冒頭の一文。

これはプラトンさんが書いた『国家』の本文中で語られたエピソードトークです。ギュゲスなんていかにも悪そうな名前ですけどね。なかなか血なまぐさい感じです。ロードオブザリングに似てますね。

 

本文は以下のように続きます。

 

この状況で、最大の不正よりも正義選ぶ人、いる?正義選べる根拠、ある?

人にばれないように偽善者ぶってこっそり手に入れちゃえばさ、それだけで将来安泰でしょ?

 

たぶん、こんな感じです。もちろん、原文の通りではありません。これは原文のほうが伝わるかもしれません。ちょっと咀嚼しすぎました。日本語ではありませんが。

何が言いたいかといえば、誰にもバレないなら悪いことしちゃうよね、ということです。プラトンさんはこの話をとおして教育の重要性を訴えはじめます。良し悪しを判断させるよりも、自然に善を選ぶ方向に導くことが重要なのだ、というスタンスです。

 

バレなきゃ悪いことしちゃうような人を教育でなんとかしようなんて、若干弱すぎやしないかなぁ、と思わないではありませんが。でも、こういうことをあーでもないこーでもないと一生懸命考えたのはソクラテスさんやプラトンさんがはじめてだったわけですから、なんだかスゴいですよね。しかも紀元前。いわゆる例の神様もいないような時代です。

とはいえ、不正はダメです。正々堂々と正面から。はい、確定申告はおはやめに(笑)

 

 

で、この研究はプラトンさんの弟子、アリストテレスさんに引き継がれます。

とはいえ、アリストテレスさんはどちらかというと、プラトンさんはあんなこと言ってたけど俺は違うと思うなー、というスタンスです。

 

 

ではまた。

【参考:読まずに死ねない哲学名著50】


春も立ちます。 はコメントを受け付けていません。

あらやだ。こわい。

先日お家に次の請求書が届きました。

 

請求書

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、wifiの請求が4,447円ね・・・

請求書2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わっつ??

これは、わっつ??

5百万がなんだかんだで5千弱におさまったっていう・・・

わっつ???

どんな値引きよ~。もう、7桁の請求書とか怖いんですけど~。

心臓に悪いので、本格的にやめて頂きたい・・・

 


あらやだ。こわい。 はコメントを受け付けていません。

2017年 スカイツリーから見た大都会 東京

新しい年を迎えてスカイツリーから東京を見ることができました。

世界一高いタワー 東京スカイツリー(634m)の天望回廊(450m)から晴天で寒気により眼下の東京そして関東平野が見渡すかぎり一望見えました。感動!

今年は、「酉」が「取り込む」に繋がることから、運気を取り込み商売繁盛の1年になると言われています。十二支は、中国春秋時代の陰陽五行思想よりも古い起源で、酉は十二支で10番目。犬猿の仲である猿の9と犬の11の間に仲裁にはいったので10番目というお話もあります。酉年生まれの人は、几帳面で親切で世話好きであり、頭の回転が速く知的だそうです。

 

さて、世の中の出来事ですが、昨年はイギリスのまさかのEU離脱やアメリカ大統領選挙で大方の予想に反してトランプ氏が勝利というまさにビックリポンでした。今年はどんな年になるのでしょうか・・・・・・・。

スカイツリーから見た大都会 東京 そして富士山を見て日本はいいなぁと思うひとときでした。

20170117ブログ


2017年 スカイツリーから見た大都会 東京 はコメントを受け付けていません。

「よく」生きることについて。

 

『魂ができるだけ優れたものになるよう、ずいぶん気を遣うべきである』

―「ソクラテスの弁明」より。

 

さて、今年もブログを書きます。

めでたいかどうかはこちらからは判断がつきませんので、今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

ソクラテスさんは紀元前400年くらいに活動していた人です。

彼自信は何かを書き残したりはしていないみたいですが、弟子のプラトンさんがお師匠さんや、その他色々な人と対話をした記録をしっかりと書き残してくれています。

 

 

で、冒頭の一文。

「無知の知」といえば、私みたいな浅学非才な人間でも知っています。

自分が本質的なことを何も知らない、ということを知っている。

というような感じです。

ソクラテスさんは言いました。

 

あなたたちは金や名誉、権力のために自分が何でもわかっているような口ぶりで言うけども、私はね、自分が本質的なことを何もわかってないってこと、知っているよ?本当に大事なことは、魂ができるだけ優れたものになるように、人生に気を遣って生きることだよ。

 

たぶん、こんな感じです。もちろん、原文の通りではありません。原文だったらもっと伝わりません。日本語じゃありませんから。

いや本当、これだから哲学者はアレです。前にニーチェさんの話もしましたが、本当にアレですよ。

言ってることはわかりました。

よく生きよう。そうです、間違いない。

いやいや!だから!!それができないから、みんな間違えたり苦しんだりしているのじゃないのかしら。

でも、そうですね。ソクラテスさんも気を遣うべきだ、と言ってるわけですから、それが難儀だということはわかっているのだと思います。しかも「ずいぶん」と。

 

 

うーん、どうも納まりが悪いような気もしますが、言ってることはやんわりわかったのでオーケー。

とにかく、みなさんも今年一年「よく」過ごせるよう、是非とも「ずいぶんと気を遣って」がんばりましょう。

 

 

 

ではまた。

【参考:読まずに死ねない哲学名著50】


「よく」生きることについて。 はコメントを受け付けていません。

本年もありがとうございました。

今年ももうすぐ終わろうとしています。
街では来年こそは富士・鷹・茄子の初夢をみるんだと
意気込んでいる方であふれかえってますね。
いや・・・誰も気にしてませんね。

先日、「福山雅治さんと人間ドックに行く」夢をみました。
夢占いで診断するところの良否はわかりませんが
とりあえず何とも幸せな時間を過ごせたので
完全な、夢勝ち組です。

ほんと、人の夢の話と星座占いの順位って、ど~でも良いですねぇ。
敢えて、書く勇気!!

 
さて、皆様には本年もあたたかいご支援をいただき
誠にありがとうございました。

弊所業務は本日で終了となります。
来年は1月4日(水)から業務を開始いたします。
来年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


本年もありがとうございました。 はコメントを受け付けていません。

創業20年の節目

小谷野公認会計士事務所は、創業20周年の節目を迎えました。

12月13日にセレモニーを京王プラザホテルで元金融担当大臣・総務大臣 竹中 平蔵氏にご登場頂きました。
特に印象深かったのが次の第4次産業革命のお話でした。

1.AI 2.ロボット 3.IoT 4.ビッグデータ 5.シェアリング・エコノミー

社会が変化することで、利益を得る人たちと利益を失う人たちがいます。
その社会の変化が、お金にまつわることであれば一層利害得失がでてきます。
この変化が不可避であれば積極的に受け容れる必要があります。
『のびるための企業経営~今後の景気展望と日本経済~』におきましても
時代を先見的視点でお話しされました。

創業20周年といえども紆余曲折、そして時代の荒波を越えてよくここまできたと思います。

日本には、創業以来100年以上存続し続ける会社が2万社強あります。
また、200年続く老舗企業3000社あります。当事務所も100年以上存続し続けることを目指して歩み始めます。

顧客の成長、組織の成長、従業員の成長、社会貢献を目指しています。
現在・過去・未来と今日一日の続きが明日であり、一週間後であり、一年後です。
未来を輝かせるためには、今が輝くことが大切です。

そのためには、一段と弾んだ挨拶、明るいハイという返事そして快活に動く。
こうした努力を続けると少しづつ周囲の見る目も変わってきます。
何より自分に自信が湧いてきます。今が輝くと、未来に大きな希望が持てます。
取引先 さらには地域から高い満足をもらえているか、という“心の価値”で評価されることです。
目先の業績よりも、社会的価値を高めていく活動によって、社会との信頼関係を大切にしていくものです。

当事務所の経営理念“安心と感動の創造”

財務、税務、会計の分野において、顧客の安心と感動を創造し、顧客事業の発展を通じて、
日本経済、世界経済の安定的な成長に 貢献する。

また、創業20周年の節目は、新たに小谷野税理士法人もスタートする年となりました。

20161227


創業20年の節目 はコメントを受け付けていません。

遺言執行人

7年前にご遺言をお預かりした方が今年の4月に亡くなりました。

その方は日系アメリカ人で、50年程前、来日時に出会った日本人の男性と結婚し日本で暮らすようになりました。そのご主人が亡くなった直後、当時のお客様(その方も昨年亡くなりました)からのご紹介で相談に来られたのです。

ご夫婦には子供がなく、遺族は全てアメリカに暮らす兄弟姉妹と甥や姪であったため、当時、国内の信託銀行では遺言執行人を引き受けてもらえず、弊所が遺言執行人をお引き受けすることになりました。

亡くなるまでの7年余り、毎年、私とその時々の担当者に、正月には可愛いイラスト付きの卓上カレンダー、バレンタインにはチョコレート、夏には花火等音が出る暑中見舞いカード、この時期にはクリスマスカードを贈って下さいました。

亡くなった際には、入居されていた老人ホームのお部屋を訪れ、ご主人側の甥御さんと二人で遺品の整理にも立会いました。

この9か月ほどの間、全ての遺産を換金し、費用を精算し、税額を計算して、ご遺族向けの手紙を作成し、それを英訳して、つい先ほど、連絡窓口をしてくれている姪後さんにメールを送信しました。

この後、国際郵便で送る相続税の申告書にサインをもらい、本人確認書類等と一緒に返送してもらったものを確認してから、小切手を送る段取りになっています。

どうか無事に進みますように。
メリークリスマス。

(姪後さんから翌日届いた返信の抜粋)
Thank you for your email. How generous my Aunt **** was. We remember her always so fondly at Christmas because she always sent us such beautiful cards and gifts from Japan. How appropriate that we would hear from you today, Christmas Eve day.

img_0659


遺言執行人 はコメントを受け付けていません。

三日坊主の三日天下。

『青空には、希望の象徴みたいなイメージがあるけど、青く見えるのも単なる太陽光の散乱で、地球全体から見たら薄っぺらな大気の層にすぎない。

 空をいくら昇っても天国には行けないし、どんなに高い塔を建てても天罰なんかない。神様が天上から見下ろしたりもしていない。

 救いを求める人がいくら空を見上げて、夢を託して、想いを馳せようが、ただの空気の塊でしかない。』

 

上遠野浩平著「私と悪魔の100の問答」より。

 

 

どーん!!年の瀬です。

あれ?効果音がおかしいですかね?

ばーん!!年の瀬です。

 

もうなんでもいいですね。

12月23日は平成の天皇様の誕生日にあたります。つまり22日は天皇誕生日イヴということで、今日から大盛り上がりということでしょうかね。

ちなみに、12月22日は「労働組合法制定記念日」です。

GHQに占領された日本が民主化していく過程でなくてはならないものとして制定された5大改革の一つです。

皆さんご存知でしょうから説明は不要ですね、私はよく知りません。

 

特定の神様を持たない無節操な日本人は、とにかくイベントとあれば大盛り上がりです。

年末年始、騒がしくなりますが、それで普通じゃないかな、と思っています。

ちなみにわが事務所は12月30日まで営業しております。

年始は1月4日から。

 

ではまた。

良いお年をお過ごしください。

 


三日坊主の三日天下。 はコメントを受け付けていません。

WP Login