溺れてないのにワラをも掴んだ僕たちは。

フローレンス・ナイチンゲールさんは、浅学非才な私でも知っている戦場カメラマン、ではなく戦場看護師さんです。

いわゆる、白衣の天使さんですね。

 

そんなナイチンゲールさん、戦場看護とか調子のいいことを言っていますが、戦地に赴いたのは二回だけです。

こういうことを書くと、また偉人を小バカにしているみたいで、またぞろいつものが始まったか、と思うコアな読者はいないにしても、ネタ作りがパターン化しすぎな感があります。

とはいえ、そんな小言を何とも思わないナイチンゲールさんご本人は、その二回の戦場看護を、自分が人生でなしたもののうち、もっとも小さいふたつだったと語っています。

 

なんなの、その寛容な姿勢。そして、謙虚な態度。

好感度爆アゲ過ぎて、もはやあざといレベルです。

ふむ、どうしたものか。いつまでも偉人をいじってるようではさすがに芸がないです。

 

 

そんな私は、もはや最近乗りすぎて何度目の往復なのかもわからない田園都市線の車内でブログをこしらえています。

赴くのはナイチンゲールさんと同じように戦場ですが、ナイチンゲールさんの言う戦場看護よりもはるかにしょうもないです。

今もそうですが、他のことをしていないと気持ちが落ち着かないようなときは、ブログを作ることが多いです。

だいたい書き進みませんし、多くの場合下車するときにボツとして消されます。

 

大概がしょうもない話ですから、ボツになる話は、それこそしょうもないです。

渾身の出来、みたいなのはほとんどありません。というか、ありません。

 

 

このブログが上がっているということは、きっとそれはそれ、なにかしらの要素があったんですよ、たぶん。

 

 

ではまた。


溺れてないのにワラをも掴んだ僕たちは。 はコメントを受け付けていません。

対立構造と耐震補強。

 

『お金を稼ぐためだけに働くって、人間の精神構造上、無理なのかもしれない。

 会社の意向や、自分のなかに生じる慣れや惰性。

 ただでさえ、いろいろ折りあいをつけなきゃいけないことが多いのに、職場の人間関係にも楽しみがないなんて。

 なにを支えに働けばいいのか、見失ってしまいそうだ。』

 

三浦しをん著『舟を編む』より。

 

 

企業をいちいちブラックだホワイトだと二極化させたがる最近の風潮には正直うんざりしています。

 

仕事って、すべからく辛いもので大変なものだと思いますし、その逆もまたしかり、というか生きてりゃいいことも悪いこともあって、その要因として仕事がどんな役割を果たしたか、で経過も結果も変わってしまいます。

 

色で分けたがるのも、古くからの差別的意識の賜物で、あまり好きになれない理由のひとつです。

 

 

とはいえ、特に日本人はその帰属意識の高さから、二極化の対立構造を作りたがる傾向が強いです。

なんなら、そういうのがやたらと大好きな人もいますよね。

 

猫派と犬派

コーヒー派と紅茶派

夏派と冬派

 

私は正直どうでもいいですが、そういうどうでもいいみたいな発言をまるで許してくれない人も一定数います。

 

どっちもそこそこ好きだし、どっちもそれなりに嫌い。

こういうこと言ってると、つれないやつだな、と言われてしまうわけですが、それは実際そうなので仕方ないかなと思います。

 

 

大型連休前は気持ち的に揺らぎます。

だからなんだというわけでは、もちろんありませんが。

 

 

 

ではまた。


対立構造と耐震補強。 はコメントを受け付けていません。

天狗の裁き

第二十四回 圓菊 GINZALIVE(遺伝子の会)に行ってきました。

中でも面白かったのは、前座 古今亭(ここんてい)菊(きく)丸(まる)「天狗の裁き」です。人の見た夢は何かと知りたがる・・。女房のお光が「・・・ちょいとおまえさん(熊公)。夢見ていたんだろう。どんな夢だい」「見やしねえ!」「見てないっていったら見ていない!!」というぐあいに見たみないで夫婦喧嘩!

 

大声を聞きつけた隣の辰つあん、さらに大家がでてきてオレには言えねえのかと激怒。「見ていないものは見ていないと一歩もひかない」それがさらにどういうわけか江戸町北町お奉行所へ。「遠山左衛門尉様 ご出座~」の声と太鼓で登場。

 

これより・・・の一件について吟味を致す、一同の者面を上げ!「この桜ふぶきに見覚えネェとはいわせねいゾといったのかはともかく・・どこかすきま風がふく・・・。いや見ていないものは見ていないと熊公は申し出る・・。

 

とうとう決着つかずなりゆきで天狗の裁きとなった。運悪く、高尾山まで連れて行かれ・・天狗も熊の夢知りたくて知りたくてたまらない!いや見ていないものは見ていないと熊公は申し出る・・。天狗もとうとうあきらめ・・・

 

熊は、しばらく空中を漂って・・・ひょっとある屋敷にたどりつく。縁があってなんと美しい娘の入り婿に・・そして手をとってお布団に。そのとき・・「ちょいとおまえあさん!」というところで目が覚める。「うえっお光か。あー夢か!・・・」というぐあいに。

 

夢っていいところになる直前で又悪い夢は見てから目がさめる。不思議なものですネ。

 

庶民の生活のなかの面白いひとコマ。多忙な生活のなかにちょっとこばなしでなんか心に余裕とやすらぎを感じたひとときでした。

 

 


天狗の裁き はコメントを受け付けていません。

スッポン

洗面台が詰まりまして。

いちいち管理人さんにお願いするのもアレかなと思いまして。

ふと我が手でこの詰まりを解消してみようかと・・

いそいそと近くのDIYショップに出向き

ショップ店員さんに、

身振り手振りで例の詰まり取りグッズが欲しいと伝えたところ・・

「ああ。ポコポコですね♡」

・・・・・・・・・・・・・・・ええ。多分そのポコポコです。

 

これ、私は心の中で【ズッポン】と呼んでおり

周辺の友人姉妹にヒアリングしたところ【スッポン】が主流でした。

Google先生に正式名称について御教示いただこうとしたところ

 

検索結構みんな同じことを調べていて、

ほっこりしましたというお話でした♪

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、洗面台から、

ツブ貝に近いオーパーツを吸引し、

無事水が流れるようになりましたとさ

 

 

 

 


スッポン はコメントを受け付けていません。

Fast alone,far together

日本につけるクスリ」という本を読みました。
竹中平蔵氏と安部敏樹氏の対談をまとめたものです。

閣僚経験者でもあり慶大名誉教授でもある重鎮竹中先生を相手とする安部氏は、1987年生まれで、対談時点では未だ20代の社会活動家。24歳の時に史上最年少で東大で講義をしたという人物。年齢差や社会的名声に臆することなく、自由闊達に議論を挑んでいて、その勇猛果敢ぶりに感動しました。

この本で次の2つの言葉が印象に残りました。
「(民主主義の社会で物事を改革していくためには)“5センチ”ずつ前に進む覚悟が必要」
「Fast alone,far together 早く行きたいなら一人で行け。遠くに行きたいのならば、みんなで行け」

いずれも、集団・組織・社会の一員として、心に備えておきたい言葉だと想いました。


Fast alone,far together はコメントを受け付けていません。

一日の仕事と効率化

3月は年度末と言う事あり、確定申告の期限でもあり、3月決算のお客様の決算対策もあり、忙しい月でした。

一日8時間の中で、どのような作業を行えばよいか?いつも考えてしまいます。考えても考えても答えは出て来こない事なのかもしれませんが、

常に追求する姿勢が改善に繋がっている事には間違いないと実感できます。

特に、楽しい仕事や研究する事に関しては、ついつい時間を忘れて没頭してしまい、『しまった!』と言う事も多々あります。

やはり、その人の性格や業務内容、そして周囲の環境によって1日を無理なく効率的に過ごす事ができるようです。

 

去年から、業務の効率化に関する多くの書籍を読みあさりました。

実用書から雑誌まで。雑誌なんかは、ほぼ毎月の様に『時間の使い方』や『仕事のやり方』

に関する記事が掲載されている様に感じます。これは昨今の労務問題が明るみになる前からでした。それだけ多くの方がこの問題に悩んでいるんだなぁと

実感しました。

 

さて、業務の効率化は様々なメリットがあります。

・本人の心身的な負担の軽減

・仕事の生産性の向上

・残業コストの削減

などなど、、、

 

一方で、デメリットはと考えてもなかなか納得できる理由も見当たりません。 (それもそうですよね。)

 

今や、残業をする主な理由は本人の気持ちの問題と言われているようで、『取り敢えず、強制的に帰らせればいいんだ!』と、

多くの場合は、国も含め『これぞ改革!』『これぞ、働き方改革!』と謳っているようですね。

 

あまりスマートとも思えないのは私だけでしょうか、、、? 確かに手っ取り早い方法ではありますが。

恐らくしばらく、この『強制帰宅』の方法論が一巡すると、本当の意味での効率性を問う時代になるかと思います。

 

 

 


一日の仕事と効率化 はコメントを受け付けていません。

混ぜるな危険。

『聖なる教は一つの学である』

―「神学大全」より。

 

 

1200年代中盤に活動していたトマス・アクィナスさんはスコラ哲学の分野で信仰の論証をしようとしました。

スコラ哲学といえば、「哲学は神学のはしため」という言葉にもあるとおり、哲学が神学を志すにあたって価値のあるものだという考え方を基軸にしています。

 

で、冒頭の一文。

と、いきたいところですが、前回私が哲学の話を放棄しただけでなく、今回アリストテレスの話をぶっ飛ばして1000年以上時を進めてしまったことについて、文句のあるハードコアな読者の方がいましたら、是非とも声をあげていただきたいものです。

 

 

さて、とにかくアクィナスさんはキリスト教を定着させたいがために、信仰をとおして、哲学のなんたるかを教えて回っていたわけです。

そんなアクィナスさんはキリスト教の大前提として「神様はいますよ」ということを様々な著書で一生懸命示しています。いわゆる、神の存在証明です。

この証明にあたって、アクィナスさんはアリストテレスさんの「不動の動者」という考え方を採用しています。

(アリストテレスきたー!)

不動の動者とは、すべての物事にはかならずその原因があって、原因をずっとたどっていったら神様にたどり着くじゃん?

というなかなか無理筋のぶっ飛んだ理論です。

(アリストテレスさんの話難しすぎ)

 

とはいえ、アクィナスさんはこうして、哲学を用いて宗教の教義を統一し、人々に定着させようと尽力しました。

 

大事なことは、これまで紹介した古代ギリシアのよく生きる哲学が、時を経て中世の時代には神学、というか宗教の概念のなかに飲み込まれてしまった、ということです。こうして、哲学がどんどん一般人からかけ離れていくわけですよ。あまり宗教に傾くと私も取り扱いづらいです。

 

 

中世の哲学は次第に「王権神授説」とかいう読んだだけでぶっ飛んでることがわかる方向に進み、そこから学生時代にも確かに学んだ「社会契約説」へと発展していきます。

 

 

ではまた。

【参考:読まずに死ねない哲学名著50】


混ぜるな危険。 はコメントを受け付けていません。

国民の祝日

2017年はお休みが少ない・日並びが悪いと言われています。
それは、誠か・・!?
今日は国民の祝日に関する法律を学んでみましょ~。

「国民の祝日に関する法律」に定められた国民の祝日は16日あります。

 

 

====================================

第3条 振替休日・国民の休日について
①「国民の祝日」は、休日とする。
②「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、

その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。
③その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

====================================

③について
「敬老の日」は「9月の第3月曜日」であるため9月15日から21日の間で移動します。

「秋分の日」は「秋分日」が9月22日か23日のいずれかで移動します。
例えば、9月21日が敬老の日で9月23日が秋分の日になる場合、③の恩恵により9月22日もお休みになるのです。

 

そうそう。春分の日とか秋分の日って国立天文台が翌年の春分日・秋分日を官報で公表して決まるのです。

おぅふ。フリーダム・・・
春分の日:3月20日か21日
秋分の日:9月22日か23日

+++++++++++++++++++++++++++++++
ということで、土曜に休日が重なってしまうと
振替休日もなく、休日リカバリーがないわけですね。
今年は建国記念の日・昭和の日・秋分の日・天皇誕生日の4日間が土曜日で、これがなにやら損した気分にさせているのです。

 
さて、実際の追加休日ですが
2016年の追加休日は16日
2017年の追加休日は12日
2018年の追加休日は13日
で、確かに昨年に比べて減少してます。
ただ、2013年は13日、2014・2015年は14日だったのです。
あれ?そんなに変わらなくね?

むしろ、2016年が祝日ハッピーイヤーだったのでした・・

 

いやぁ。とても文字の多い真面目なブログでした。


国民の祝日 はコメントを受け付けていません。

確定申告って?

2月16日~3月15日まで土日除けば正味20日間!

会計事務所だけでなく税務署もこの時期のため挙署体制で臨みそして臨時のレイアウトをつくり大変。

渋谷税務署管内は、この時期だけ渋谷・世田谷・目黒・北沢・玉川税務署5署同時の会場(ベルサール渋谷ファースト)ととてつもない広いビッグ会場に多額の費用をかけて行います。もちろん他の税務署においても共同の作成会場を臨時に設けています。

所得税の税収って源泉所得税を除けば約3兆円(税収の5%)です。

日本の人口1億2,600万人の中の2,100万人(約17%)が申告でしかもその半分が還付申告。

国の費用対効果からいったら割りに合わないにも係わらず、納税意識の高揚にはかかせないものです。

この時期、主要な駅前等に確定申告のポスターが掲示されます。

確定申告が日本では、明治22年に導入し約100年経過。税収も殆ど伸びないもののイメージ的には確定申告が国民の意識が強いものでこの時期とばかりに国税庁は毎年同じことを繰り返しせざるえない状況にあります。

一方、税法は摩訶不思議で年々複雑怪奇になるばかりです。

 

話は変わりますが、日本の人口も30年後は、1億を割って9,900人(団塊の世代が一斉にこの世から退場)に。

生産人口の縮小で税収も減る時代が確実にくることを現実に受け止めなければなりません。

それにしても確定申告というのはインパクトのある名称です。

ブログ

 

 

 

 

 


確定申告って? はコメントを受け付けていません。

君の名はアナと雪の女王。

ありのーままのー。

 

 

はい。

 

 

繁忙期です、いわゆる。

最近は、哲学にふけっていましたが、実際のところ哲学にかぶれている暇はありません。

繁忙期です、いわゆる。

 

 

待て待て、ブログはいいのか?と思ったそこのアナタ!

ん?そこにいますか!?

大丈夫、ブログは別バラです!!

いや待って、本当にそこにいますか!?

そこにいるならお願いします、ほら、なんか、「読んでるよー」って。

もう書く気力が湧いてきません!(笑)

笑い事じゃありません!(笑)

本当にもう、誰が読んでるっていうんですかね。。。

 

 

君の名はーっ!!

 

 

はい、少し取り乱しましたね、ごめんなさい。

 

 

さて、このブログがいつあがるのかはともかく、私は日曜が月曜に変わった午前2時のテンションでお送りしています。

早く寝ないと!

 

 

そんな日曜の夕食はスパゲ(ry

パスタでした。

今日は哲学とかやりません、日常のブログです。

 

で、パスタの話。

ボロネーゼってやつがあるんですよね。クリームソースみたいなわかりやすい名前ではないやつです。そう、ボロネーゼ。

 

ナニモノ?ボロネーゼ。

 

で、店員さんに聞きました。ボロネーゼってなんですか?って。

『挽き肉とトマトを煮込んだソースです』って!さすが店員さん!

 

え?待って待って!こっちにあるミートソースは?

『挽き肉とトマトを煮込んだソースです』って!!おんなじかよっ!!

 

ボロネーゼとミートソースは何が違うんですか?

『いやぁ、ちょっとわかりかねますぅー』

じゃないよ!なんだよ「ますぅー」って!!

 

ん?じゃあ、この牛肉のラグーソースってやつは?

『それもぉ、牛肉とトマトを煮込んだソースですねぇ、おかしいですねぇ』

おかしくないよ!笑えないよーっ!!

全部おんなじじゃんかよーっ!!!

 

 

ボロネーゼはミートソースでラグーソースですが、ミートソースもボロネーゼでラグーソースです。

みたいなっ!アガガガ…。

 

 

君の名はーっ!

 

 

はい。

きれいにまとまりましたね。

おやすみなさい。

 

 

ではまた。


君の名はアナと雪の女王。 はコメントを受け付けていません。

WP Login