嫁に出す気分

「嫁に出すような気分」。海老蔵さんとの真剣交際宣言をした小林麻央さんへの、めざましテレビ大塚アナの祝福コメントです。

以前、事務所の朝礼で所長から、こんな話がありました。「お客様と接する際は、”結婚したいと想っている相手の親御さんと初めて挨拶に臨むときの気持ち”と同じようであるべし」そうすれば、自然と笑顔にもなるだろうと。なるほど。それなら、とっておきの愛想笑いも出ようものですね。

ところで、逆に、娘を嫁に出してもよいと思えるのはどんな人だろう。大分先のことながら、想像してみました。

「もらってくれ」と思えるのは。。。

思い浮かぶ人もいます。何故そう思えるのか。その理由となっているものこそが本当に大切なことなんでしょうね。