脱出の日。

『それよりも、これだけみんながやりたがらないものが、

 なぜ、そのままの形で残っているんだろう、と不思議にもなった。

 誰もが不満を抱えながら、それを変えていく余裕も勇気もなくて、

 前の年と同じやり方をくり返しているだけなんだろう。』

 

窪美澄著『あたたかい雨の降水過程』より。

 

 

あれ?脱出の日は紹介してないんですかね。

今日はなんの日的なやつでもかなり精度の高い日のひとつですが、まぁ、いいですね。どうせたいした話ではないです。

 

 

2月26日は脱出の日です。

かの皇帝ナポレオンさんが、幽閉されたどっかの島から逃げ出した日です。あれ?その日ってそんなに重要ですかね?

 

あー、そしたらちゃんと注釈しますね。

かの皇帝ナポレオンさんが、幽閉されたどっかの島から逃げ出した日です。あれ?その日ってそんなに重要ですかね。

 

皇帝ナポレオンとは言うものの、はじめは連合軍にフルボッコにされて島流しにされたりしたんですね。

で、流刑先のエルバ島から逃げ出したのが1815年の2月26日ですよ、と。

 

まぁ、日本では馴染みが薄いですね。

 

 

ではまた。