W杯2018も半ばを過ぎて

今日は、2018年6月29日。
6月14日に開幕してから初めて試合開催のない一日です。

W杯はグループリーグの日程が終了し、いよいよ明日から一発勝負のトーナメントに入ります。
開幕前に事務所メンバーに優勝予想を聞いたところ、下記のように答えが割れていました。
Sさん→スペイン
Oさん(女子)→ブラジル
Eさん→アルゼンチン
Nさん→フランス
Tさん→ドイツ
リーダー→別ブログのとおりブラジル(大穴クロアチア)
Oさん(男子)→優勝予想は考えていないけど、W杯totoを当てて一攫千金したい。

私は、好みではないですがブラジル本命、対抗アルゼンチンの予想。優勝予想が外れてもよいからW杯totoを何としてでも当てたいという気持ちでいっぱいでしたが、3億3千万円という当選金は見事に逃しました…。
トーナメントが始まってからも当てられる気はしないです。

ドイツ優勝の予想が早くも外れてしまったTさんの落胆ぶりが目に浮かぶようですが、64試合中の48試合が終わり、開幕前の自分はどんな生活を送っていたのかわからず、W杯が終わった後、試合がない時間はどうやって過ごせばよいのか、個人的には既にW杯ロスが始まっています…。
しかし、トーナメントが始まってからが本番と言われる通り、ここからが真剣勝負、サッカー大国の激突が数多く観られるはず。サッカーファンとして眠れない日々が続きます。
(上記の優勝予想では賞金等を賭けておらず、あくまで誇りを賭けた戦いなので、この戦いの行方も楽しみです)