覆水盆に返らず。

 ただ、今私は人間に会いたいと感じている。

  昔ながらの私を知っていて、そしてすぐに行き過ぎてしまわない、

  生身の人間達に沢山会って、その人達を大切にしたいと思った。

  忘れていた真面目な本能が体の奥でくすぶっていた。』

 

綿矢りさ著『インストール』より。

 

おい覆水!お盆くらい帰ってやれよ!

 

ということでね、こんにちは。

 

 

お盆ですね。

私も、ちまたにはそういうのがあるって聞いたことあります。

でも、なんなんでしょうね。

わざわざみんなしてそこに休みをもってこなくてもいいのにと思いますけどね。

 

あんまり言うとあれですね、別に悪く言うつもりはないです。

私は頑張りますよ、という話。

 

 

ではまた。