とっておきの、ダメ押しというやつ。

「ようするにさ、人というのは、何か説明があれば、それを信じようとするし、

  偉い人が自信満々に、『心配はいらない』と言えば、ある程度は納得しちゃうってことだよ。

  そして、偉い人は、本当のことを全部話すつもりはない。

  同じ映画の中で、子供向けの教育番組が流れるけど、そこではね、アニメの亀が言うんだ。

  『核爆発が起きたら、さっと隠れろ!』って。机の下に伏せて、隠れれば平気だよ、って」

 「馬鹿な」

 「僕たちからすれば、馬鹿な話だけど、国が冷静に、

  自信を持って断言すれば、それが正しいと思わざるをえない。でしょ」』

 

伊坂幸太郎著「マリアビートル」より。

 

先日とある駅からタクシーに乗ったんですね。

大した距離ではないのですが、歩くのには少ししんどい微妙な距離だったので。

タクシーに乗って運転手さんに行き先を告げると、

あからさまに舌打ちをされて、無言で急発車、信号では急停車。

まあ売上に貢献しない距離なので仕方ないかなと思って、

「降りるとき領収書くださいね」

と、運転手さんに言ったんです。

そしたら運転手さんのの運転が急におとなしくなって、

降りるときには丁寧にあいさつまでされてしまいました。

 

冷静に考えて、クレーム電話入れられると思ったんでしょうね。

もしその気ならいまさら手遅れだろうとも思いますが。

だったら最初からそういう対応をするなよ、ということです。

 

人のフリ見て我がフリなおせ、というわけではありませんが。

ちょっと気持ちに余裕が足りない夏の終わりのお話でした。

 

 

ではまた。