ももいちごっていうイチゴがあるんですって。

徳島県は左那河内村で品種改良によって誕生した『さくらももいちご』

種が少なくて果肉が多く、糖度が非常に高いことから風味のよい甘味が楽しめるといういちごです。

桃のように甘くて果汁が多いことからこの名前がつきました。

『さくら』はどこからきたんですかね。

収穫期間が1月から3月と短く、保存も長くはきかないので、買ったらさっさと食べた方がよいです。

とはいえ、12個入りパックでおよそ9800円と少々お高めなのでほいほいと買えたものではありませんね。 

新種とかいってますがもう10年くらい前から市場に出ています。 

というわけで、イチゴの話でした。

 

 

 

『エプロンをロッカー内のハンガーにかけ、靴を履きかえたときに、

 そのまま膝をついてしまいたい衝動にかられた。

 真っ黒の毒々しいものが体中を巡っている感覚がある。

 疲れと呼んだり、寝不足のせいにしたりするには、あまりにも重たいし激しい。』

 

加藤千恵著「その桃は、桃の味しかしない」より。

 

いえ、イチゴの話でした。

 

 

ではまた。