Archive for the ‘Hasegawa’ Category

遺言執行人

7年前にご遺言をお預かりした方が今年の4月に亡くなりました。

その方は日系アメリカ人で、50年程前、来日時に出会った日本人の男性と結婚し日本で暮らすようになりました。そのご主人が亡くなった直後、当時のお客様(その方も昨年亡くなりました)からのご紹介で相談に来られたのです。

ご夫婦には子供がなく、遺族は全てアメリカに暮らす兄弟姉妹と甥や姪であったため、当時、国内の信託銀行では遺言執行人を引き受けてもらえず、弊所が遺言執行人をお引き受けすることになりました。

亡くなるまでの7年余り、毎年、私とその時々の担当者に、正月には可愛いイラスト付きの卓上カレンダー、バレンタインにはチョコレート、夏には花火等音が出る暑中見舞いカード、この時期にはクリスマスカードを贈って下さいました。

亡くなった際には、入居されていた老人ホームのお部屋を訪れ、ご主人側の甥御さんと二人で遺品の整理にも立会いました。

この9か月ほどの間、全ての遺産を換金し、費用を精算し、税額を計算して、ご遺族向けの手紙を作成し、それを英訳して、つい先ほど、連絡窓口をしてくれている姪後さんにメールを送信しました。

この後、国際郵便で送る相続税の申告書にサインをもらい、本人確認書類等と一緒に返送してもらったものを確認してから、小切手を送る段取りになっています。

どうか無事に進みますように。
メリークリスマス。

(姪後さんから翌日届いた返信の抜粋)
Thank you for your email. How generous my Aunt **** was. We remember her always so fondly at Christmas because she always sent us such beautiful cards and gifts from Japan. How appropriate that we would hear from you today, Christmas Eve day.

img_0659


遺言執行人 はコメントを受け付けていません。

「失点」から「歓喜へ」

今年の秋も税理士サッカー日韓交流戦と会計士フットサル大会に、
いずれもGKとして出場させて頂きました。

日韓戦(O-40)は2対2と敵地(済州島)での同点に終わり、チームとしては
まずまずの戦果でしたが、GKとしてはリードしては追いつかれるという悔しい展開。
一方、フットサル大会は1勝1分2敗で予選リーグ敗退という残念な結果ながら、4試合
での失点は3のみで、負け試合はいずれも0-1と、1点の重みを痛感させられました。
「あのとき、ああしていれば…」という想いはGKの宿命ですが、それを試合中に
引きずると次のミスに繋がってしまいます。

最近2人のプロGKの著書を読みました。
楢崎正剛選手の「失点」と、山岸範宏選手の「歓喜へ」です。
共に、GKにとって失点とそれに至るミスは、極力なくす努力をすべき対象ながら、なくすことは不可能であるという現実と向き合わなければならない、という趣旨のことを書かれています。そして、避けられないミスにどう対処すべきかが示されていました。

(山岸選手)
「起きてしまったミスは仕方ないと割り切るようにしている」
「その一瞬で自分のやってきたことがすべて崩れるような積み重ねはしてきていない」
「悪い流れになったときに気をつけなければならないのは、それで自ら崩れてしまうことだ。」
「焦らず、諦めず、我慢していれば何かのキッカケで急に流れが変わることもある、というよりそうなることのほうが多い。」

(楢崎選手)
「失点の後にどう行動するかが大事だ。」
「現実をそのまま受け止めようと覚悟を決めれば、強くなれる。」
「ありのままの自分を磨くこと。そうすれば自信はつくし、信頼も得られる。」
「自信と信頼があれば、つまずいても立ち上がれる。」

ひたすら失点と向き合うポジションであるGK。
これを長年追求してきた2人の言葉には含蓄があります。
私もド素人ながら、「失点」とひたすら向き合うべく、できるだけのことをしていきたいと決意を新たにした次第。
でもいつか、2014年J1昇格プレーオフでの山岸選手みたいな決勝点も決めてみたい。。。

th


「失点」から「歓喜へ」 はコメントを受け付けていません。

伊勢参りに熊野詣で

夏休みに伊勢参りと熊野詣でをしてきました。
昔の人は命がけの祈りの旅だったそうですが、
新幹線とレンタカーで紀伊半島の海岸沿いを巡る楽しい旅行でした。

日本最古の歴史書「古事記」ゆかりの地を訪れて、日本文化への理解を深めることもできました。
古事記といえば、それに出てくる八咫烏は、サッカー日本代表のエンブレムのモチーフになっていますが、これが何故採用されたかというと、明治期にはじめて日本にサッカーを紹介した中村覚之助という人が熊野那智大社のある那智勝浦出身の人だったからだそうです。

イギリス留学中にサッカーを見て、「それぞれのポジションの選手が責任を持って一つの目的に向かうということは大切だ、日本に広めよう」ということで持ち帰ったのだとか(「お伊勢参りと熊野詣」P.152 )。
難局を皆で各々が得意を生かし心と力を合わせ乗り越える、という要素は「天の岩戸開きの物語」にも通じていて日本人の特性にも合っているのかも知れません。

ところで、伊勢神宮といえば20年に一度、神殿を新しく造り直し神様をお遷しする「式年遷宮」という行事が行われます。草と木からなる伊勢神宮の社殿は、堅牢な石に比べて耐久性に劣るはずですが、式年遷宮により営々と立て直すことが繰り返されることによって、ギリシャのパルテノン神殿が廃墟のようになっているのに比べ、今も瑞々しい姿を保てているのだとか。

そういえば当事務所も今年の10月で創立丸20年となります。
営々と瑞々しくいられるように、あやかりたいものです。

null


伊勢参りに熊野詣で はコメントを受け付けていません。

適材適所

この2か月の間、世間では様々な事件が起きましたね。
都知事辞職、英国EU離脱、ダッカやニースでのテロ、参院選、ポケモンGO…

サッカーでは欧州選手権でポルトガルが悲願の優勝。
フランスとの決勝戦、前半早々に怪我で戦線離脱したエースのロナウドが、ピッチの外から必死で仲間を鼓舞していたのが印象的でした。
エースを失ったがゆえに、逆にチームが団結したことが勝利につながったのかもしれませんね。

チームの団結による勝利といえば、昨シーズンプレミアリーグ制覇したレスターも。
岡崎が全38試合の心境を振り返る「未到 奇跡の一年」を読んでみました。

印象的だったのは、
「“チームのために”と思っている選手はレスターにはいなかった」
「自分のやれることを100%やる。それが結果としてチームのためになった」

それを可能ならしめたのは、
「選手の特徴をじっくりと見極め、適材適所に配置し、各々のストロングポイントを引き出していった」
ラニエリ監督のマネジメントだったと。

企業経営では、経営理念を共有して、組織のために貢献させるために様々な試みがなされていると思いますが、
なかなか成果につながらないと嘆きの声も少なくないかと。

発想の転換で、異なる考え方の人が集まっているのだから、ひとつの考えに無理にまとめようとせず、
むしろ個々人それぞれの希望や得意とすることを見定め、適材適所に配置することで、
結果として組織目標を達するように仕向けることが現実的なのかもしれませんね。
今月のFPジャーナルにもそんな記事が載っていました。

みんなちがって、みんないい♪

一人一人の特徴を生かす、という考え方は色々な場面で大事なことですね。


適材適所 はコメントを受け付けていません。

親のしつけ方

「しつけ」で山に置き去りにされ行方不明だった男の子、無事見つかってよかったですね。
しつけのつもりでしたことが大きな事件になってしまい、親御さんも、さぞ辛かったことと思います。

正直にいうと、わが家でも、道ばたでダダをこねた子供を、しつけのために、
置き去りにして、遠くから様子を見るようなことは、したことがあります。
いつか同じようなことが起きたかもと思うとコワイ、コワイ。

子供のしつけには手を焼きますが、うちの子で、ひとつだけ上手くいったと思っていたのは、
本をよく読むことです。

先日も「時間の使い方」なんていう本を読んでいたので、
「いい本読んでるね~」と、おだてたところ、
「学校で、もっといい本を見つけたよ」と。
「なんて本?」ときくと、
「“親のしつけ方”です」と。
「へ~、じゃ、ちゃんとしつけてね」というと、
「ビシビシやりますよ」と目を細めてニタニタと返してきました。

本を読みすぎるのもどうかなと、思った次第です。


親のしつけ方 はコメントを受け付けていません。

「最低限」の積み重ね

レスターがプレミアリーグ初制覇しましたね。
優勝が決まる瞬間を味わいたいと今月急遽スカパーに加入しました。
リーグ最多優勝の最名門であるマンUに勝って優勝を決めて欲しかったですが、
引き分けも許されない2位トッテナムが、2-0とリードしながら逃げ切り目前で同点に追いつかれたシーンも劇的でした。

優勝が決まる前週のNumberは、岡崎とレスターの特集でした。
そこに、今シーズンから就任して優勝に導いたラニエリ監督のインタビュー記事がありました。

さぞ高度な采配マジックが駆使されたのだろうと思いきや、意外な内容でした。
かつては「いじくり回し屋」とあだ名されるほど戦術や選手をコロコロと変えるスタイルで、結果を残せず揶揄されていたそうですが、
レスターでは一転方針を変え、昨シーズン終盤から好調だった従来のチームの方針を尊重し、予め用意していた戦術プランや練習メニュー
は捨てたのだとか。

代りに選手に求めたのはシンプルに3つだけ。
①ハードに走り続けること
②できるだけ早くボールを奪って速くボールを前に運ぶこと
③いつでもファイターであること
この「最低限」を「最大限」にやってほしい、と伝えて、後は全力を尽くす限り選手を信じて自由にさせたのだそうです。
一方で、消耗の激しいプレースタイルのため、試合の翌日の他に水曜日に休養日を設けて週休2日制にしたり、
岡崎やバーディーを休めるため、一定時間で交代させたり、シュート練習を休ませたり、「積極的に休む」仕組みも効果的だったようです。

前半戦の目標は残留ラインの「40ポイント」という「最低限」の設定。この達成に全力を尽くし達成したら、次の「最低限」として
「トップ10」、その次は「EL出場」、その次は「CL出場」と、その時点で手の届く目の前の目標だけを見つめ、積み重ねた結果の
奇跡の優勝だったようです。

少し前に読んだ記事で、やはり奇跡の復活といわれたサンフレッチェ広島の森保監督も同じようなことを言われてました。

就任4年間で3度のリーグ優勝を果たしても、シーズン当初の目標は残留ラインの「勝ち点40」なのだそうです。
「1試合1試合最善の準備をして、ベストを尽くすことしか考えない」「高い目標を持っていても、いま一生懸命やらなければ
積み上げられない」「それが結局は優勝をもたらしてくれる、振り返って「あ、優勝できた」、「頑張ったご褒美に優勝させてもらえた」
と考えるようにしている」と。

また、日経ビジネスの記事(#1831)にもありましたが、「結果にかかわらず、基本理念は変えない」、「できることをに焦点を絞って、
今ある資源の価値を最大限引き出す」という点も共通しているように感じます。

今できる「最低限」の目標達成に全力を尽くし、それを繰り返し積み重ねる。
愚直なようでも、結果を出すためには最も有効な考え方なのかもしれません。


「最低限」の積み重ね はコメントを受け付けていません。

馬鹿祭り

私も参加させて頂いている税理士会サッカー部は、
東京都北区サッカー協会のマスターズリーグに加盟しています。

毎月1回、北区の施設でシニア委員会が開催され、チームの割当で私も参加することがあります。
また、リーグの試合が行われるのも赤羽スポーツの森公園競技場や北運動場など、北区のスポーツ施設です。
というわけで、北区赤羽界隈を訪れる機会が最近多く、日に日に親近感が増していました。

そんなときに下北沢のヴィレッジヴァンガードで目にしたのが、
俳優の山田孝之推薦ポップが付いて売られていた「ウヒョ!東京都北区赤羽」という漫画。
俳優として悩んでいた時期にこの漫画に出会って再生したのだと。
それを題材にテレビ番組も制作されていたのですね。

さっそくキンドルで読んでみました。
赤羽に実在する個性強烈な人々、お店、名所などが紹介される内容。
赤羽ファンには、たまらなく面白い内容だと思います。
地元赤羽の本屋では、『ONE PIECE』より売れている、とか。

その漫画で、「赤羽馬鹿祭り」という赤羽発祥のお祭りが紹介されていました。
ちょうど60年前に行われた第1回が4月1日のエイプリルフールに開催されたのに因んでのネーミングだそうです。
今年は終わってしまったのかと調べたところ、今年は4月の23日(土)と24日(日)の2日間が開催日だそうです。
「北区最大イベント」と謳われるわりには、今日まで知りませんでした。
都合が合えば参加してみようと思います。皆さんもいかがでしょうか?


馬鹿祭り はコメントを受け付けていません。

今更ながらPDCA

昨日は2月29日。今年はうるう年ですね。
うるう年といえば、オリンピックイヤー。
8月のリオデジャネイロ大会が楽しみです。

オリンピックは、1896年、アテネで第1回が開催され、以後4年に1度、途中戦争による中断を挟みつつ、今日まで継続されていて、今大会は31回目になるようです。

オリンピックの花形種目といえば100m走と思います。
第1回大会の100m走で金メダルをとったアメリカのトーマス・バークという人のタイムは12秒0だったそうです。

前回ロンドン大会でのウサイン・ボルトのタイムは9秒63ですから、116年間で2秒4弱の進化があったわけですね。平均すると1大会につき約0.08秒ずつの進歩の積み重ね。
この進歩は、やはり定期的に大会が開催され続けてきたからこそ、成し遂げられたのだろうと思います。

ところで、経営の分野でも、定期的に「目標を立て(Plan)、実行し(Do)、その結果を検証して(Check)、やり方や考え方を修正し、やり方を進化させる(Action)」サイクルを回す仕組みを効果的にすることが、事業運営の基本とされています。

このPDCAサイクルという言葉は、日本で広まってから何十年も経っていますが、しっかり実践するのは中々難しいものだと思います。最近読んだ「PDCAプロフェッショナル-結果を出すための思考と技術-」という本では、「PDCAを廻せれば、どんな会社も経営できる」という元トヨタ会長の言葉が冒頭で紹介されていました。

簡単なようで難しい。古くて新しいPDCAの実践に、何かと真面目に取り組んでみようかと、うるう年に思う今日この頃です。


今更ながらPDCA はコメントを受け付けていません。

「エンディング・ノート」

「エンディング・ノート」という映画を観ました。

この映画が公開されたのは2011年の10月ですが、
本来この年から予定されていた相続税増税は、3月の震災や翌年の政権交代を経て、ようやく昨年から始まりましたね。
この数年間ずっと気になっていて、ようやく観ることができました。

この映画は、「会社、命」と言って憚らなかった、大手化学メーカーを勤め上げた元熱血サラリーマンのお父さんが、
末期のガンとわかり半年後に亡くなるまでのドキュメントです。
なんと、監督は実の娘さんです。というか、肉親だからこそ撮影できた内容ともいえます。

主人公であるお父さんの、43年のサラリーマン人生で鍛え上げた見事な段取り力により
着々とエンディング・ノートが整えられていきます。また、ご家族の絆が、印象的でした。

ブログの題材にしようと2回目を観ましたが、ラストを知っているだけに、1回目とは感じるものが違いました。
冒頭シーンは、葬儀の段取りをすべく、カトリックに改宗するために訪れた四谷の教会で、神父さんに自己紹介している場面です。
ユーモアたっぷりで、治療にも希望を持っている主人公が笑っているのでした。

いろいろな意味で、勉強になる作品です。
ご興味ある方で未だ見られてない方には是非お奨めしたいです。
とはいえ、同じような体験を既にしている方には辛い内容かもしれません。

余談ですが、
ご自宅が近いらしく、代々木の当事務所建物も、ちらりと映っていました。
生前は、この辺りを歩いていらしたのかも。
ご冥福をお祈り致します(アーメン)。


「エンディング・ノート」 はコメントを受け付けていません。

スターウォーズに覚醒

友人からチケットを譲り受け、思いがけずスターウォーズの新作を公開2日目に家族で観る機会を得ました。

今作の舞台は、旧3部作エピソード6「ジェダイの帰還」から30年後。
ということで、旧3部作を見ているとさらに楽しめるだろうなと思い、昔買ったDVDとアップルTVで、全6作を観返しました。

今回ようやくストーリーを理解できてスッキリしました。
旧3部作公開時の小学生時代から前3部作公開時のアラサ―時代までの想い出が蘇り、かつ今小学生の子供たちも新たに興味を持ち始めるという面白い体験でした。

今作は、ジョージ・ルーカスが2012年にディズニーに権利を譲渡(40億5千万ドルとか!)しているため、従来の6作と異なり、いわばディズニー映画でもあるそうです。何故、売却してしまったのかにも興味が湧き、Huluで見つけた、「ザ・ピープルVSジョージ・ルーカス」というドキュメント映画も見てみました。いろいろとあったんですね。

また、今日たまたま読んだ週刊文春の記事では、素敵な伴侶と巡り合い再婚して子供ができたことも権利売却の一因ではないか、なんてことも書いてありました。
この奥さん、30代の頃から、スピルバーグの映画会社ドリームワークスやスターバックスなど複数の企業で役員を務めるバリバリのキャリアウーマンでしかもアフリカ系だとか。TEDでのプレゼンを見つけましたが、確かにパワフルで魅力的な人ですね。

子供たちもハリーポッターに代わる新たな興味の対象を見つけたようで、家族そろってスターウォーズ熱が高まっている年の瀬です。

お読み頂き有難うございました。
良いお年をお迎えください。
フォースと共にあらんことを<(_ _)>

<娘作の4コマ漫画「ライトセーバーの平和的使い方」>


スターウォーズに覚醒 はコメントを受け付けていません。

WP Login